BRIDAL

自分らしく働けるこの場所で、 自分らしい道を、見つけよう。

杤木万里弥 / 2017年入社

有名上場企業を中心に探していた就職活動から一転、自分らしく働くことへ主軸をシフトし、Plan・Do・Seeへ。最終的には出身地の東京の店舗で働くことを目標に、名古屋配属となる。ウェディングプランナーとして成長を重ね、現在は念願の東京・赤坂プリンスクラシックハウスへの異動を果たす。

誇りを持てる仕事って、何だろう。

就職活動を始めたとき、Plan・Do・Seeは、実は私にとってズバ抜けて志望度の高い企業ではありませんでした。サービスのお仕事をやりたいと最初は考えていなかったし、地元である東京を離れて配属される可能性が高いことも、心配でした。それでも、説明会で雰囲気に触れたその瞬間から、Plan・Do・Seeはなぜだか、ずっと気になる存在であり続けました。印象に残っているポイントとして大きいのは、ここで働いている人たちです。就職活動を通して、働く大人たちを見ていて「働くことって、楽しくないことなのかも」「プライベートは、ちゃんと確保できるだろうか」と不安に感じる瞬間が多かったんです。でも、抱いていた不安とは真逆の姿を見せてくれる方が、Plan・Do・Seeにはたくさんいました。自分の仕事に誇りを持ち、プライベートも仕事も、笑顔で謳歌していることに、私の心は動かされたのです。自分もこんなふうに働くには、どうすればいいだろう。

考えた末に出た結論は、自分が好きでやりたいことを選んでみようということ。子どもの頃から誰とでもすぐ打ち解けられる性格で、一人ひとりとちゃんと向き合いたいと思っていました。自分の性格や志向を踏まえると、本当に自分らしく輝けるのは、Plan・Do・Seeなのではないかと気づいたのです。その気持ちは、実際に働き始めてから、ちゃんと叶えられているということを実感しています。先輩に「万里弥はアイスブレイクが早いよね」とよく言われます。でも、何か特別に意識をしているというよりは、自然な会話を通しておふたりの気持ちに近づいて、おふたりに寄り添った提案をしている。自分の強みを活かすって、こういうことなんだと思います。

過ごす時間が深くて、濃いから、 価値のある結婚式を届けられる。

Plan・Do・Seeの結婚式のつくり方は、他社に比べると、お客様にとって手間のかかるものかもしれません。そんなに時間をかけて準備せずとも、きっと結婚式自体はそれなりに満足のいくものになると思います。でも、本当にそれでいいの? と、考える。結婚式とは、それが行われる当日だけではなく、未来につながっていくものをつくっていかなければならないと、私たちは信じているからです。おふたりのこれからをいいものにしたいから、だからこそ、手間がかかるし、でも大切なことなのだと感じています。
私は、その大切さを、THE KAWABUN NAGOYAに勤めていた際に担当した、とある新郎新婦様から学ぶことができました。そのお客様は、まだ他の会場とも迷われている段階のお客様。いろんな気持ちをお話しいただけたけれど、決め手がなかなか見えず、様々な角度からお話を深掘りしてみました。小さい頃はどんな子どもだったか。参列してくれる方々は、どんな関係性の方なのか。様々なお話をするうち、新婦様のご家族の話題が出てきました。そうすると、彼女のお父様が過去のご病気のため、義足で生活されているということがわかったのです。それを聞いたとき、私は本当に迷われているポイントに気づきました。おふたりは見た目や雰囲気を重視しながら会場を探していたため、決め手がなかったのかもしれません。“義足のお父様にとって一番いい会場”が、おふたりもまだ気づいていない、本当の決め手になるはずだと考えました。そこで「新婦様がお父様と一緒に歩きたい、という視点を中心に、オススメの会場があるので見てみませんか?」と思い切って提案してみたのです。会場を見て、対話をするうち、ずっと不安そうだったおふたりの表情も穏やかに。「なぜ挙式するか?」という本質を掘り下げる大切さに、気づいた瞬間でした。

そんなふうに濃く深く、ひと組ひと組のお客様と向き合っていくため、Plan・Do・Seeのウェディングプランナーって、大変だなと思うこともあります。でも、ここで頑張らなければ意味がない、と思い奮闘してきました。この会社の目指す未来へ私も一緒に向かうために、ここにいるメンバーと、自分らしく働きたいから、Plan・Do・Seeで自ら道を切り拓こうと努力を積み重ねてきたんです。踏ん張った成果として、先日、目標としていた東京の店舗への異動が叶ったところです。東京は競合他社がとても多いため、唯一無二の価値をアピールしていくのは難しく、日々研究を重ねています。将来は、赤坂プリンス クラシックハウスだけでなく、東京に他のウェディングの店舗もオープンしてみたい。人が集まり、愛される空間づくりに、どのように自分が関わっていけるか、もっともっと考えていきたいです。