ROOMS DIVISION

大きな夢よりも小さい目標を積み重ねること。

ORIENTAL HOTEL KOBE

細田善瑛 / 2017年入社

国内外の大学を卒業後、新卒で2017年に入社。赤坂プリンス クラシックハウスでマーケティング&セールスを経験したのち、ORIENTAL HOTEL KOBEのルームスディヴィジョン(宿泊)スタッフとして働いている。発展途上国の観光開発(ホテルなど)を手がけたい、という大きな夢を持つ。

やっと見つけた自分の目標とPlan•Do•Seeの理念が合致した。

僕の社会人スタートは、人よりも遅かったです。国内の大学を卒業後、海外の大学で学んでみたいとスイスにあるホスピタリティ専門の大学へ進みました。次第に自分の目標が定まっていき、「発展途上国での観光開発を通して、それらの国を発展させたい」。その理想は海外への進出を進めるPlan•Do•Seeの理念とも合致し、入社を決めました。

28歳でPlan•Do•Seeに入社すると、一人ひとりが魅力的な存在のまま、どんどん変革していく会社の地盤を支え、成長させていることに驚きました。
Plan•Do•Seeはノーブランドで、常に前に向かっている会社。チーム内のコミュニケーションもさることながら、トップクラスの人たちも近い存在で話が聞こえてくる。そんな距離感が魅力です。

小さい目標を積み重ねて成功体験を積むこと。

ただ、1年目のとき、無断欠席してしまったことがあって・・・。
小さなミスの連続、自分への期待とのジレンマ、そして周囲への重責感。小さな負の連鎖で追い込まれ、無断欠勤してしまいました。土日休みだったが、金曜日に自宅に引きこもってしまいました。すると土曜日にマネージャーや仲間が突然、訪問してきてくれたんです。嬉しかったのは、わざわざ家まで来てくれて、たわいもない話だけをして帰っていかれたこと。こういった人たちと働き続けられるのは幸せだと気づきました。自然と期待に応えたいという思いが大きくなりました。
休みを含めたこの3日間の体験は、僕の意識をより前進させるきっかけとなったと思います。

元々は、大きな夢をよく考えていた気がします。でも、まずは「やり抜く力」を養うこと。小さい目標を積み重ねて成功体験を積み、少しずつ設定したゴールまでたどり着くのが新たな目標となっていきました。そして、自分がいることで周囲の環境を明るくポジティブに変えることができる力を身につけることを大切にしています。